海辺の白井医院は今日も・・・・・

<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


”実名報道は遺憾”・・・"日弁連"だけが騒いでます。

川崎中1殺害事件の実行犯、
e0294687_15423344.jpg

加害者少年の実名・顔写真が
「週刊新潮」 に公開されたことに、
「日本弁護士連合会」(日弁連)が、
批判を表明しました。

世間の感想:
そんな彼の残忍性や日頃の行いを考慮しているとは思えない日弁連の遺憾表明
また被害者に対しての遺憾(少しふれている程度)や18歳で善悪がつく状態での残忍な
殺害手口に遺憾を表明するわけではなく
、「未成年の犯罪者のプライバシーを侵害する
ことは更生と社会復帰を妨げる」という点に重点をおいた遺憾表明
に世間で批判的な声が
流れることとなった。

そろそろ、8年前に世間を騒がした
”21人の弁護団”が登場する予感がします!!

e0294687_1645378.jpg


覚えている方々も多数おられると思いますが・・・
山口県光市 母子殺人事件で脚光を浴びた"弁護士グループ?"
e0294687_16503632.jpg

 
本村洋さん(写真) 
こんな弁護団と敢然と戦って、犯行当時18歳だった
加害者少年の最高裁での「死刑判決」を導きました。
e0294687_17271855.jpg


今回の川崎中1殺害事件とこの光市母子殺人事件・・・
加害者が18歳の少年という共通点以外にも、
2人の生い立ち、両親の異常さなどがとっても似ています。

そしてこの”日弁連”に所属する、
上記"21人の弁護士” の中心人物は、
当時、日本の司法について下記のような中傷記事を
「韓国紙」に
載せていました。

「死刑制度の日本は低能児」「人権と刑事訴訟の分野でも韓流が必要」と
光市母子殺害事件の安田弁護士が韓国紙へ誹謗中傷

e0294687_17462960.jpg


当時、何故こんな弁護士が、大きな顔して
裁判に参加できたのか?

なぜ「韓国の新聞」で、この裁判を誹謗中傷したのか?

今回の事件にも、絡んで出てきてくれたら

この疑問が解けるかも・・・

と期待しています。
[PR]

by Shirai55clinic | 2015-03-25 17:52 | 社会・風土