海辺の白井医院は今日も・・・・・

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


大津波なんか・・・・怖いけど、覚悟はできてるぜ!!

平成23年3月11日に起きた東日本大地震そして大津波による大災害!e0294687_1738492.jpg

たくさんの記録画像をMediaやSNSを通して見ました。

もちろん、海辺の町では他人事とは思えない!

              
                         こんな穏やかな海が突然襲ってくるとは・・・・・     


だからといって町民はこの場所を離れる気などさらさらない!

ちょっとやそっとの防潮堤では大津波は防げないことを知った以上、大規模な護岸工事の要望は出てこない!
e0294687_1875357.jpg
                            白井医院のすぐ向こうは海!(裏山からの眺め)

町民の思いは・・・海の恵で生計を立てている以上、その海に襲われたら、受け入れるしかない!
ただ、命までは奪わせない!大地震が起きたら、すぐ山へ逃げる!家や財産なんか失っても、生きてりゃ絶対に町は再建できる! 
e0294687_18265368.jpg

このところ師崎港の朝市では豊漁のワタリガニがいっぱい並んでます!「浜のおばちゃん」たちがさりげなく、真顔で、東日本大震災の直前に現地では海産物が豊漁だったらしい?・・・・なんて教えてくれます。そんなこと教えてくれんでええ!ビビっちゃうよねぇ~・・・・汗汗







白井医院も昭和30年代の台風で半壊したんですが、現在は再建してる!大津波なんか・・心の準備は出来てるぜ! 

しかし、原発事故や放射線被ばくに対する心の準備は全くできていません!!!e0294687_18485781.jpgこの町の近郊には原発はありません。万が一にも新規建設などという計画があるなら、断固拒否です!

先週の衆議院議員選挙で、既存の原発の再稼働を許容する政権になりました。地域エゴ丸出しであえて申し上げます。原発周辺の住民の方は偉い!てっきり反対されていると思った・・・・・。日本のエネルギーを、経済を、守るためにあえて危険を引き受けてくださっている!頭が下がる思いです。

更にお願いしたいです。原発を稼働さていただいて、その後に出る核廃棄物も、出来ることならその場所で保管、処理をして頂けたら!?と思います・・・・図々し過ぎるお願いでしょうか?

原発直下の断層の調査をやってる場合かなぁ~? それより、原発から出る核廃棄物の処理方法が決まっていないのに再稼働するってのが、まずありえないんじゃないの・・・? 
[PR]

by shirai55clinic | 2012-12-25 19:17 | 政治・経済

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のこと・・・・・・。

睡眠時無呼吸症候群(Sleeping Apnea Syndrome:SAS)については色々なメディアで取り上げられているので特に説明の必要はないでしょう。

治療についての耳よりな話をしましょう(笑)!

e0294687_15303253.jpg左図はSASの睡眠時の呼吸障害の気流(専門家の歯科クリニックのHPから転用させていただきましたが、その歯科クリニックの名前が思い出せない!悪しからずご了承くださいm(__)m)   

下の図はn-CPAP(鼻マスクを使った呼吸補助器)使用時の呼吸気流の改善
e0294687_1531759.jpg
このn-CPAP(経鼻持続陽圧補助器:nasal-Continuous Positive Air Pressure)の治療は、内科医が主に携わっています。保険適用の治療法です。治療前の診断も自宅に器具を貸し出して行うことが可能です。

想像がつくと思いますが、治療とはいへ、こんなことなかなか継続できないって方々も沢山います。

私もそのような相談を受けて、歯科口腔外科領域の援助をいただいてます。

口腔内装置(Oral Appliance)による治療.
e0294687_16132178.jpg写真左は睡眠時に装着して舌を前方に保持するTongue Retaining Device(TRD)
e0294687_1614196.jpg

                              写真右上は睡眠時に装着して下顎を前方に保持する装置

注)いずれの写真もMedical ASAHI 2012 2月号22-23から転用させていただきました。

著者:菊池 哲 先生(日本睡眠歯科学会理事長)コスモス矯正歯科(千葉県成田市)

これら二つの治療法。典型的な医科・歯科連携医療ですが現実にはこの連携がうまくいってない!

たとえ同じ総合病院であっても内科と歯科が別々に治療してたり、お互いの治療法の理解が足りなかったり・・・・が現状かもしれない!

従って、SASの治療を受けたい時には、とりあえず それぞれ専門の内科および歯科を別々に受診することを、今のところはお勧めします。
[PR]

by shirai55clinic | 2012-12-18 16:50 | 医学

政党 「減税日本」は何処へ・・・・・・・涙 涙 涙

明日は衆議院議員選挙です。ブログではいっさい触れないでおこうと思ってましたが・・・・・

やっぱり一言!! 下の写真は、名古屋市市役所の塔。     右は河村たかし名古屋市長。
e0294687_1551824.jpg
e0294687_15515545.jpg

この市長の政策でとってもすばらしいものが2つあります。

1. 「経費節約は元の財布の中身を減らせば必ず出来る!無い袖は振れない!」・・つまり減税!
  (増税反対どころか減税!サラ金から金を借りてから経費節約なんかできるわけないもんね!)

2. 国会議員、県会議員、市会議員、町会議員、村会議員。無料奉仕でやる。  
  (他に収入源が無い人はやれない。金持ちしかやれない。無料でやってくれるような人はイイ人  である確率は高い!)


・・・・というわけで明日の選挙は彼の率いる国政政党「減税日本」に投票しようと思ったら、そういえば石原慎太郎氏率いる「太陽の党」と合流させてもらったと思ったらすぐに追い出されてしまい「日本維新の会」の橋下徹氏からは嫌われてしまい・・・
e0294687_16253989.jpg
e0294687_1626961.jpg
e0294687_1627085.jpg
国政レベルでは「減税日本」は消滅してしまったようです。

個人的に好きになれない品格の、河村たかし名古屋市長さんですが、国政がダメなら名古屋市だけでも理想を追求して全国のお手本となるの行政を実現して頂きたいものです。

橋下徹大阪市長さん、石原慎太郎「日本維新の会」党首さん・・・

われらの名古屋市長をこけにしやがって!たいがいにしとけよ!おとといきやがれ! 
 

[PR]

by shirai55clinic | 2012-12-15 16:46

眼科検査や視力矯正への投資が世界経済を救う・・・??


2012年12月6日の医学月刊新聞 Medical Tribune(写真)に掲載された記事。
e0294687_11201450.jpg

はっきり言わせていただくと・・・なんのこっちゃ!?それに続いて、「風が吹けば桶屋が儲かる!」ってことわざを思い出した次第です(笑)。

侮るなかれ!この記事は世界保健機構(WHO)の正式な機関紙に投稿されたもの。投稿者はBrien A.Holden教授(Australia,NSW university)。この先生はこの問題を数年にわたりWHOに提言されているとっても社会派?!の眼科医とお見受けします。

キーワードは 1)屈折異常 2)視力矯正 3)弱視(low vision)や失明の予防

下図はwikipediaから転載させて頂いた 乱視(astigmatism) の視力障害のイメージ図です。
(あなたの目のピントが合ってないわけではありません!ご安心を!)
e0294687_11574910.png

左上は正常。右上は近視(myopia)のみ。下の左右は両方とも乱視のビジョンだそうです。 

屈折異常はよく見られる眼科疾患で代表的な4つの病態として、近視、遠視、乱視、老眼があります。意外な印象があると思いますが、これらのありふれた?病態でも、適切な治療や矯正を行わないと、視覚低下や深刻な視力障害を引き起こし、失明に至ることもある・・・・・・・・
未矯正の屈折異常は、視覚障害の主要な原因で、失明の2番目に多い原因・・・・・

e0294687_1216653.jpg


世界の低・中所得国(中国やベトナムも含まれているんです!)の場合、WHOの専門機関の推計で
約1億1,900万人が屈折異常に対する治療・矯正が受けられずに視力障害を来している・・・・・ 適切なメガネが一つあるだけで予防できる視力障害が驚くほど多いというのに・・・と結んでいる。これら視力障害による人材の損失は世界経済の大きく影響するらしい。

いきなり世界経済にまで影響を与えるという結論は、この記事だけではピンとこないけど・・・・・

日本は3歳児検診で視力検査があり、屈折異常による弱視(amblyopia)も早期発見し保険診療で治療が出来る。メガネだって安価で高品質なものが容易に手に入る!!!

すごく幸せな国に暮らしているのですね!
[PR]

by shirai55clinic | 2012-12-11 12:37 | 医学

廃船に想う・・・・


海辺の白井医院がある南知多町は様々な芸術家が在住されています。

切り絵作家 山崎修(やまざき・おさむ)さんの『切り絵工房「お」』は白井医院のスグそこにあります。

                 代表作      「廃船に想う」 
e0294687_1741793.jpg

この絵を観ていると心がおちつきます。


           「浜のおっかさん」
e0294687_17102421.jpg


特にコメントは必要ありませんねぇ・・・・・ 平穏な日常の作品を眺めていると、ボクシングジムの掲示を思い出した。
e0294687_1740294.jpg


日常生活は、こんな風に同じことを苦も無く続けていくことなんでしょうかね?!


しかしながら・・・この「浜のおばちゃん」の皆さん! 白井医院の待合室ではもう少し静かにしてくれるとありがたいなぁーーーーーーー(笑)
[PR]

by shirai55clinic | 2012-12-03 17:52 | 師崎