海辺の白井医院は今日も・・・・・

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


BOXING(ボクシング)・・・・ボクササイズに非ず!!

e0294687_16134949.jpg
 秋が深まってきましたね。気持ちイイ季節なので新にスポーツを始める人も多いでしょうね。

前置きは無し・・・私はアマチュアボクサーです。キャリア6年余り!

55歳のボクサーが出場できる公式試合はありません。ジムの練習で行うスパーリングもリスクが高いので禁止されてます。

という訳で、ボクシングジムで練習するだけです。それじゃあ 健康維持の ボクササイズ では?

チームゼロ ボクシングジムの掲示版→e0294687_1645472.jpg

ボクシングジムに通ってみて、見えてきたことがあります。

それは、老若男女にかかわらず挨拶が徹底していること。

整理整頓が行き届いてしていること。

安全のための規則、手順、が厳しく管理されていること。


e0294687_17235572.jpg





←チームゼロ ボクシングジム ホームページより転載

しっかり挨拶する!される!とっても気持ちがイイです。
連帯感が生まれ、周囲の人に気を配るようになる。

柔道でも、礼に始まり礼に終わる。ボクシングも同じ。

挨拶だけで集中が高まり!真剣な気持ちになり!

危険を回避する能力が高まり!

危険な競技でありながら、大怪我を未然に防げる!

こんなあたりまえ?のことを、思い出させてもらいました。

だから、私の練習しているのは、ボクササイズに非ず! ボクシングなんです!!
[PR]

by shirai55clinic | 2012-10-31 17:57 | 白井医院

St.Louis Blues  そして 海辺の夕暮れ・・・・・・

e0294687_16423461.jpg 海辺の町の夕日はとりわけ美しい!
夕日を眺めると、いつもJazzの巨匠、Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)、のトランペット演奏で有名な・・・St. Louis Blues が思い浮かびます。

St. Louis Blues・・・

I hate to see that evening sun go down(見たくない あの夕日の沈むのを)

Yes, I hate to see that evening sun go down(あぁ、見たくない あの夕日の沈むのを)

Cause it makes me feel like(だってなんだか この人生も)

I am on my last go-around(これが最後の気がしてくるから)
・・・・・・・
 ♪ ♪ ♫

e0294687_16432777.jpgJazzの解説をするつもりは毛頭ありません!(笑)

Blues(ブルース)は、淡谷のり子に代表される、陰鬱なムードを醸し出す唄の代名詞として日本語になってますね。

日本のブルースは、オリジナルのアメリカ南部、黒人音楽のBluesとはちょっと違うのですが、大した問題じゃあない!!



大切なのはね、どんな音楽であっても、疲れ果てた人生の中にあって、明日への活力をよみがえらせてくれる魔法。

心が病んだ時、絶望したとき、悲しい時・・・・何でもイイ!!・・・何か音楽を、無理矢理でも聴いてみてください。頭の中で、すぐに何かが溶けはじめるからネ・・・。 

[PR]

by shirai55clinic | 2012-10-24 17:01 | 白井医院

サルコペニアとロコモティブシンドローム

e0294687_1764629.jpg ←味の素ゼネラルフーズのホームページより引用

日本はカタカナという便利な文字があるので、外国語をそのままカタカナにして使うことに慣れています。医学用語はとくにそれが顕著です。まあ、西洋医学ですから仕方ないですが・・

高齢化社会を迎えた日本にはとりわけ重要な二つの新しい用語。お年寄りでも知っておきましょう!

サルコペニア(筋肉減少症)は高齢者の3人に1人が発症しています。

ロコモティブシンドロームは歩行障害が主体の運動器不安定症のことであり状態のことです。


アサヒメディカル 4月号 2011 より引用の図 →e0294687_17305017.jpg





サルコペニア、骨粗鬆症、変形性関節症、の3つが合わさったものがロコモティブシンドロームです。

骨粗鬆症や変形性関節症については治療法も普及してます。しかしサルコペニアついてはいかがですか???


サルコペニアの原因は加齢による筋肉量の減少です。これは驚くなかれ、既に30歳から始まっているらしい。さらに2次性の原因として、運動量の低下、低栄養、病気があります。

介護が必要になるロコモティブシンドロームの発生にもっとも重要な要因であるサルコペニア対策が介護を必要としない穏やかな高齢化のために重要ということになります。

低栄養の改善は食事です!それを確保した上で運動を加えなければ予防には繋がりませんね!
しかも30歳から既に対策を考えるべきだと・・・・・
うかうか歳も取れない大変な時代となりました!!
[PR]

by shirai55clinic | 2012-10-15 18:08 | 医学