海辺の白井医院は今日も・・・・・

カテゴリ:医学( 34 )


"日本人と朝鮮人は別人種”・・・NHKスペシャル番組より。

ちょっと "古いネタ" (2015年初夏)ですが・・・

このところ新聞・テレビでやたらとマスゴミに取沙汰される "日本人と朝鮮人”

その"科学的研究"結果について2015年5月29日NHKニュース”おはよう日本”
"NHKスペシャル"といった番組で紹されました。

2015/5月ではちょっと先取り過ぎた感がありました・・・・日本人なら"今こそ"観てみたい番組内容ですよ。

e0294687_1754423.jpg

まずは、この"復元像"「日本D系統の祖、縄文人 」です!!
詳細は下記の記事をご覧いただきたいと思います。

 「日本人と朝鮮人は別人種」NHK・周辺国の人種とはっきりとした違い・分かってきた縄文人のDNA
    (↑ リンク)

結論だけコメントしときますネ!(笑)
e0294687_17243975.jpg

e0294687_17251160.jpg

いずれにせよ実際にDNAを調べると、日本人のDNAは、
支那人や朝鮮人などの周辺国人のDNAとはやはり大きく違っていたのだ
━━━━━━━━━━
【人種学】日本人と朝鮮人は別人種
日本人の遺伝子は特殊タイプ
日本人(沖縄人、アイヌ人、縄文人を含む)は世界でも稀な古代血統とされるY遺伝子D系統を多く持つ人種
韓国人は赤の他人と結論
e0294687_17354073.jpg

日本人の先祖であるY染色体D系統を持つ大陸の人種は、現在の支那人、朝鮮人の先祖の
O系統遺伝子を持つ人種に淘汰されてしまったと推察される。

海で隔てられた日本で"縄文人"として生き残れたようです・・・・・

現在、日本人は淘汰される危機ではありませんよね??
[PR]

by Shirai55clinic | 2016-02-29 17:55 | 医学

"人工内耳" の目覚ましい進歩!!

私のクリニックに通院いただいている
70代のご婦人が、"人工内耳"の埋め込み
により聴力の回復が現実となり、専門外とはいえ
医者として認識・勉強不足を痛感した次第です (-_-;)
e0294687_112404.jpg


以下記事については、「フォーラム 国立大学病院」のページから (← リンク)
転用させていただきました。

"人工内耳"="Cochlear implant"(コクレア インプラント) 直訳は「人工蝸牛」埋め込み。

新生児聴覚スクリーニングで早期発見と早期治療を行う
これが "人工内耳" の最大の目的です。
e0294687_1140615.jpg

e0294687_11441715.jpg


従来は2歳前後で「音に対する反応がないようだ」、「うちの子どもは喋らない」
ということで親が難聴に気づきました。その時点で治療を始めても
聴覚のネットワークが構築される重要な時期が過ぎてしまっている場合には
言語の習得が遅れてしまう。もしくは、人工内耳を埋め込んでも
なかなかうまく音の情報を利用できるようにならなかったのです。
ところが最近は新生児聴覚スクリーニングが普及してきたので、
新生児のうちに難聴が発見されようになりました。
高度の難聴でも、早期に発見し、早期に療育ができれば、
そういった遅れを最小限にすることができるのです

e0294687_12153560.jpg


もちろん幼児ばかりでなく、成人が聴力を途中から失った場合も
この"人工蝸牛" の埋め込みは適応があります。

"弱視" とともに "聴力障害” も 2歳までに見つけ出すことが重要です。

新しい技術の進歩は、同時に、
「障害を早期に発見しなければならない」

という 検診する医療側にとっては
新たなプレッシャーでもあります。















 
[PR]

by Shirai55clinic | 2015-06-24 12:41 | 医学

”花粉症緩和米” ・・・なんで緩和"薬"じゃなくて”米”なの??

先週 「NHKスペシャル」でも放映されて話題の
「花粉症緩和米」の件・・・・
e0294687_13345123.jpg

なかなか理解するのが困難な
"主題” を取り上げてみました・・・汗、汗

1. 花粉症を緩和する主役は腸内で増加する
  「制御性T細胞」 (RegulatoryTcell:Treg細胞) ・・・白血球の1つ
e0294687_13423212.jpg


古くから、アレルゲン(抗原=花粉成分)
少しずつ経口投与すると、アレルギー反応(=花粉症)を緩和できる
ことが知られていましたが、その主役となる機序が判ってきました。
→ これが上図表の緑色制御性T細胞(Trg細胞)です。 

要するに、免疫緩和細胞=制御性T細胞=Treg細胞が増えれば
花粉症はじめ、様々なアレルギーが緩和されるという理屈です。

e0294687_1453240.jpg

"花粉成分を含んだ米"を毎日食べて、
このTreg細胞を腸内で増やすことにより、アレルギー反応を緩和する
プロジェクトは10年以上前から始まってます。

農林水産省と日本製紙などの企業が、健康食品としての
「花粉症緩和米」の開発に取り組みましたが、

5年前に、厚生労働省が横やり?が入り、
「食品」ではなくて「薬品」として扱うことが決定され
以降、「薬品」として有効性、安全性の試験が繰り返されました。

昨年2014年からは、慈恵医科大学が花粉症患者さんへの
臨床試験
が開始され、有効性、安全性が認められてきてます。

2. それなら、わざわざ"米に花粉成分を含ませ"なくても、
→ 「花粉成分」だけを少しずつ経口投与すればいいんじゃないの??
e0294687_1438059.jpg


結局この疑問にたどり着くわけで・・・・

 
米でなければならない肯定的な理由は・・・・

 すでにスギ花粉症には保険適応となっている、
「舌下減感作療法」 はまさに、「花粉成分」を経口投与する緩和療法ですが、
重篤なアレルギー反応(アナフィラキシーショック)が起こりうる!!

遺伝子組み換え技術を使った「花粉症緩和米」は、重篤なアレルギーを
起こしうる成分をさらに取り除く技術が確立していて、「安全性が高い」こと
が特徴だそうだ!!!

しかし、皮肉にも 「遺伝子組み換え米」 としての新たな危険性の議論が起こり・・
結局はこれらをクリアーするのに
さらに5年ぐらいかかるそうで・・・・

なんだかねぇ~ 「花粉症緩和米」の将来性は・・・

疑問符がついています!! 
[PR]

by Shirai55clinic | 2015-04-09 15:02 | 医学

"肥満手術(Bariatric surgery )"は優れた「糖尿病治療」です!!

MT(Medical Tribune)Pro の記事

「内科治療の敗北?肥満手術は長期効果のある
                優れた糖尿病治療」


北里研究所糖尿病センター Dr. Satoru Yamada
e0294687_1645520.png


・・・・の記事内容を吟味してみました。

N.Engl.J.Med に
2014年5月に掲載された論文。
"Bariatric surgery versus intensive medical therapy for diabetes--3-year outcomes. "
 (肥満手術と内科的強化療法のいずれが糖尿病治療として優れているか?3年間での比較)

について山田悟先生が判りやすく解説した記事です。

e0294687_1619225.jpg


上の表で各々の治療法の3年後"結果"が示されています。
(興味のある方はじっくり観て下さい!医師じゃなくても判り易いです。)

山田悟先生の意見のまとめは下記の如く・・・

個人的には,肥満手術の後にはQOLが低下しやすく,
それは時間が経過するほどつらくなっていくと思っていたのだが,
そうではないようである。確かに手術手技には,手技そのもののリスク
というものが付きまとうが,少なくとも本研究においては
重篤な有害事象は生じていないという。

糖尿病医・内科医としては悔しいことではあるが
肥満患者の糖尿病治療法としてメトホルミンのような薬物とともに
肥満手術が第一選択肢とされるような時代がいつか到来するのかもしれない。


上記表にある、左「胃縫縮術(SG)」、右「胃バイパス術(RYGB)」のイラスト図を
ネット上から借用しました。

e0294687_17104997.jpg

左の胃縫縮術(Sleeve Gastrectomy)は胃の大部分を図のような形に切り取る手術。
e0294687_17363697.jpg

右の胃バイパス術(RouxenY Gastric Bypass)
e0294687_1731050.jpg



いずれの術式も、糖尿病の長期治療として「優れた治療」です。

日本にもこの手術の専門家は多数存在するようです。

驚くべきことに、手術は基本的に開腹手術ではなく

腹腔鏡下手術(Laparoscopic Surgery)が標準だそうです。
[PR]

by shirai55clinic | 2014-11-21 17:47 | 医学

"認知症" には"インスリン鼻スプレー"を・・・!! 

2014年7月20日(日)に放送されたNHKスペシャル
紹介された"認知症のインスリン鼻スプレー治療"
の福音!

e0294687_1556318.jpg (←写真)NHKスペシャルに登場した米国の患者さん。
"認知症"の進行を抑える目的で、
"鼻スプレーでインスリンが投与されています"

本来インスリン治療は"糖尿病"患者さんに
使用するものです。

"皮下に注射"するしか有効な
投与法がありませんでした。


20年以上前から"皮下注射" 以外の投与法が
研究されてきました・・・

例えば一般的な薬剤と同じように経口摂取
気管に吸入する方法も欧米では開発されています。

鼻の粘膜からインスリンを吸収させる
鼻スプレー(点鼻薬)としての投与方も
10年以上前から研究されてきました。

e0294687_1745130.jpg


鼻スプレーでのインスリン投与は、従来考えられていたルートとは
異なる経路で脳細胞に届くようです!! (↑上図)

脳から頭蓋骨を貫通して鼻腔にまで繋がる
臭いを感知する"嗅神経"の通り路の微細な穴を通して
"鼻スプレー"で投与された"インスリン"が直接
脳細胞に届くという点が・・・
驚くべき事実なんです!!


e0294687_18261151.jpg

上の図が示すのは、アルツハイマー型認知症患者さんの脳(左)には
健常者(右)の脳に比べて、アミロイドβ(ベータ)というタンパク質
蓄積して脳細胞を障害します。(アミロイド imaging PET)

"嗅神経"が頭蓋骨を穿通して入る
脳の部位は、アルツハイマー型認知症の初期から
障害が起こるとされる "海馬" 近傍なんですね!

インスリンがアルツハイマー型認知症の進行を抑えたり
改善したりすることは多くの研究で明らかになっています。

米国では2年前から巨額な国費を投じて
アルツハイマー型認知症有望な治療法として
この"鼻スプレーによるインスリン治療"を研究してきました。


研究の進展が待たれます!!
[PR]

by shirai55clinic | 2014-07-23 18:54 | 医学

"線維筋痛症" (せんい きんつうしょう) "Fibromyalgia" を理解する。  

"線維筋痛症"(せんいきんつうしょう) という病気があります。

日本語の医学誌は "難解" なので・・
理解しやすい米国の医学サイト"WebMD" (←リンク)を
簡潔に翻訳してみます。

A Visual Guide to Fibromyalgia .
(ファイブロ・マイアルジア="線維筋痛症"の図解)

e0294687_1543344.jpg米国では約500万人の患者さんがいる!(想像以上に多い)
ちなみに日本での患者数は1万人に満たないが、
これは専門家が少なく積極的に診断されてこなかった為で、
潜在的には200万人以上いると推定されている(日本線維筋痛症学会による)。
診断は症状および身体所見で判断する。
X線検査やCT,MRI,血液検査等では特徴的な異常は
見つけられない。関節や内臓臓器は病変を認めない。
とにかく頑固な肩こりや筋肉痛、そして異常なまでの
"倦怠感"が特徴的です。




e0294687_17213752.jpg診断の補助となる身体検査で注目されるのが、
"圧痛点"の存在。
健常人では圧しても痛みのない"ツボ"が
線維筋痛症の患者さんは"痛み"を感じる!
この"ツボ"は左図の如く、18箇所ある。
女性の罹患は男性の10倍です。
年齢は25歳から60歳までは発症リスクが高い。
倦怠感と筋肉痛がひどくても、病院の検査で
異常が表れないので、"詐病" と勘繰られる
患者さんも多いようですです。



e0294687_17592155.jpg病因は不明です。
しかし、その名の通り、筋肉とその知覚を司る
脳の感覚野を繋ぐ"神経線維"の異常であることは
間違いないです。










e0294687_18165335.jpg 慢性的に続く"筋肉痛"と"倦怠感" は時に仕事ができなくなるほど。
 しかし仕事を休んでベッドで安静にしていても 
 さらに悪化することもある。家事すら出来ない場合も・・・。

 患者さんは、"睡眠障害"とか"うつ状態"といった問題も抱えている 
 方々が多いようです。






e0294687_18272761.jpg治療の目標は主症状の

"倦怠感" "筋肉痛" "入眠障害" "うつ状態" を  
軽減して日常生活を維持することです。

推奨薬剤
Cymbalta (duloxetine)・・・ サインバルタカプセル(抗うつ薬)
Lyrica (pregabalin)・・・    リリカカプセル(神経障害性疼痛) 
Savella (milnacipran)・・・   トレドミン錠(抗うつ薬、糖尿病性神経症)





e0294687_18573689.jpgWalking, stretching, and water aerobics are
good forms of exercise to start with
for people with fibromyalgia.













e0294687_1922347.jpgSome experts say diet may play a role in fibromyalgia
ある種の食物は "線維筋痛症" の一因の可能性がある。
(個人差が大きいので要注意!)

To find out what works for you,
try eliminating foods one at a time
and recording whether your symptoms improve.

症状が増悪する食べ物を日々記録して見つけ出す
ことが大切です。




Does Fibromyalgia Get Better?
Many people with fibromyalgia find that their symptoms and
quality of life improve substantially as they identify
the most effective treatments and make lifestyle changes.

主治医と相談しながら、適切な薬剤や治療法を見つけ、
食事や生活習慣を整えれば "線維筋痛症" の苦痛は軽減できる!!

専門医のいる病院はどこ??・・・

日本では主に、膠原病・関節リウマチの専門内科医
この "Fibromyalgia"="線維筋痛症" を診てきましたが

専門家の数が少なく遠方まで通院するのは大変です

専門家への受診は、年に1~2回程度に減らせるよう、
一般の内科医が十分な知識を習得して
この疾患の診療が出来るようになること
が重要だと考えています。





















 
[PR]

by shirai55clinic | 2014-05-21 19:53 | 医学

10歳代でも "テロメア"(Telomere) が短縮するらしい!?

相変わらず"マスゴミ" は
STAP細胞および小保方晴子博士
バッシングが止まらない現状ですが・・

"ねつ造"? なんてのは日本の "マスゴミ"の
"得意技" なんだから、そいつらには言われたくないでしょ~!!
HA! HA! HA!

2014年3月24日付の医学雑誌 Medical Tribune記事。
「肥満+ナトリウム過多で10歳代でもテロメアが短縮」
e0294687_10375325.jpg

肥満かつナトリウム摂取量が多い場合,10歳代であっても,
細胞の老化を示すサインであるテロメアの短縮が見られた。

―こんな驚きの報告が米Georgia Regents UniversityのHaidong Zhu氏
らによって米国心臓協会の疫学・予防/栄養,身体活動・代謝に関する専門部会
の年次集会(AHA EPI/NPAM 2014,3月18~21日,米サンフランシスコ)
で行われた。

"テロメア"(Telomere)って何???
e0294687_10485260.jpg


(上の図は東京都健康長寿医療センターホームページより転載↑)

① 「遺伝情報の本体は細胞の核内にある染色体ですが、これがむき出し状態でいると互いに融合したりして
   非常に不安定です。テロメアの役割はこの染色体をむき出しにしないということと考えられています」。


がん細胞ではたいてい、テロメラーゼ(telomerase)と呼ばれるテロメア合成酵素が活性化しており、
  この酵素の働きによってテロメアが安定に維持されます。がん細胞が無限に分裂出来るのはこのためです。


驚きの新知見!老化予防に効果?健康的な食事とストレス軽減で老化と死に関連するテロメアの長さが伸びた。(← リンク) 

STAP細胞"若返り" が可能となる研究だと、
小保方晴子博士が力説してましたが・・・

この "テロメア" (Telomere) も"若返り" や "がん治療" とも
大きく関っています
・・・20年以上前から"テロメア"は研究されています!! 

余談ですが・・・へへへ
e0294687_11593756.jpg

1998年放映の深夜ドラマで、「サイバー美少女テロメア」というのがありました!!
15年以上前なのに"テロメア"を既に取り入れている!
ディレクターは、かなりの"オタク"だったんですネ!
主演は 三輪ひとみさん(写真)、共演にあの藤原達也さん
もブレイク直前に出演してました!!
e0294687_1203635.jpg













 
[PR]

by shirai55clinic | 2014-03-28 12:32 | 医学

ストップ "風疹" ~赤ちゃんを守れ~

2013年(平成25年)は風疹が大流行しました。

難しい話は抜きにして "今やること" をみんなで確認しましょう。

1. 2013年に大流行した"風疹" の発症者の約8割が男性

2. その男性発症者の85%が20~40代
e0294687_16112723.jpg

上の表は、NHK web newsから転載させていただきました。

特に昭和54年4月1日以前に生まれた男性(34歳以上)は、

国が勧奨した風疹ワクチンを接種する機会は生涯1度もありません

★ いま妊娠している方 
e0294687_16404077.jpg
 
妊娠中は本人は予防接種を受けられないので、
夫や子供、同居家族に風疹の予防接種をうけさせるべき!! 

★ 妊娠を希望している方  

妊娠を希望しているなら、医療機関で風疹の抗体の有無を調べてもらうか、
抗体を既に持っている人が予防接種を受けても問題ないので、
風疹抗体の検査なしで予防接種を受けることが早くて確実といえそう。
接種する時期は、生理期間中かその直前直後で妊娠していないことが確実な時期がよい。
接種後2カ月間の避妊が必要です。

なるべく早めにパートナーとともに接種するのがお勧め。
ちなみに、男性は予防接種しても避妊期間は不要だそう。

さらに「風疹ワクチン接種後に妊娠が判明した場合」の相談が
増えているらしいが、

厚生労働省研究班は、2013年5月に「人口中絶の考慮は不要
と見解を出しています。










 
[PR]

by shirai55clinic | 2014-02-28 17:55 | 医学

"鳥インフルエンザ" が大流行の予兆!中国がヤバイ!!

More infected in fresh wave of China bird flu
- WHO
 
("鳥インフルエンザ" 中国国内で新たな流行感染の始まり!)

By Kate Kelland(ロイター通信記者)
January 20, 2014 3:54 PM

e0294687_1062528.jpg

今日は2014年1月29日です。

ここ2,3日はやっと日本のマスコミも遠慮気味に報道してますが・・・
海外(欧米を指します)では2週間以上前から深刻に受け止めてられ
大きくとり取り上げられてます!!

記事によると・・・・
 中国ではこの1月31日からが旧暦の新年。
 新年を古里で迎える習慣があるために、ものすごく
 多数の人々が中国国内を移動する季節です。

 さらに新年の祝いとして家禽類を生きたまま土産として
 持ち帰り家庭で殺して調理する習慣があるようです。

e0294687_10302595.jpg

昨年の3月 (2013,March)
The H7N9 bird flu virus emerged in March last year and
has so far infected at least 199 people in China, Taiwan and
Hong Kong, killing 52 of them,
according to an update on Monday
from the WHO's spokesman Gregory Hartl.
(昨年確認された鳥インフルエンザH7N9感染者は中国、台湾、香港で
199人。そのうち55人が死亡。)


今年の1月 (2014,January)
Another 23 people in China have been infected
with the H7N9 strain of bird flu in recent days,
the World Health Organisation (WHO) said on Monday,
adding to at least 24 new cases last week and
confirming a fresh surge in the virus.
(WHOの発表でも、今年に入って23人の新たな感染者を確認、
更に今週になって24人の感染者が加わった。)

e0294687_117505.jpg


この2月から3月の中国国内の "人民大移動" の時期は、
"鳥インフルエンザ" が鳥から人への感染を積み重ねて、
次第にMUTATION(遺伝子変異)を獲得して、
人から人へ簡単に感染する"新型インフルエンザ" の誕生
うってつけの環境のようです。 

"幸いにも"?? 日中関係は政治的にも経済的にも悪化していて・・
中国からの旅行者も減っている模様です・・・・

この時期日本から中国に渡航する日本人旅行者で
中国国内で "風邪(カゼ)" をひくようなことがあったら・・・       ↓

日本に帰ってから治療するなどということは考えず、
現地でしっかり治してから帰国して頂けると・・・

第一次医療の最前線にいる私などは、とってもありがたいと思う次第です!!
 
・・・・汗、(^^ゞ(^^ゞ
 
[PR]

by shirai55clinic | 2014-01-29 11:29 | 医学

Oxytocin(オキシトシン)スプレーによASD(自閉症スペクトルム障害)の治療!!

今朝 (2013.12/19)NHKニュース
ASD;Autism Spectrum Disorders(自閉症スペクトルム障害)
Oxytocin(オキシトシン) スプレーによる投与効果が
報道されていました。

専門家からは批判されそうですが・・・ADS(自閉症スペクトルム障害)を理解すると・・・
e0294687_11392367.jpg

1. ADS(自閉症スペクトラム)は、心の病 ではなく 脳の病。  
2. 図の横軸が示す 3分野にわたる障害を持つ人の総称

3. 社会性、コミュニケーション、想像力と創造性3分野 

個人差が大きく、健常人にまでつながりをもつ連続性(Spectrum:スペクトラム)
を示しています。(上図では右に行くほど障害の程度が軽い!)
e0294687_1216122.jpg

自閉症は2歳頃から診断される障害ですが・・・
大人になるまで障害と認識されない人も多い。
e0294687_12205745.jpg

e0294687_12315148.jpgPsychiatry Clin Neurosci. 2009 Apr;63(2):129-40.
Oxytocin, sexually dimorphic features of the social brain, and autism.
Yamasue H, Kuwabara H, Kawakubo Y, Kasai K.

Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medicine, University of Tokyo, Tokyo, Japan.

東京大学医学部 精神神経科大学院教授 
Dr. Yamasue H らの報告・解説が2009年4月の専門誌
既に掲載されてます。






Oxycitocin(オキシトシン)のスプレーによる鼻粘膜投与により
ASD の障害が軽減する効果が期待されるというものです。


e0294687_12485567.jpg








オキシトシン(Oxytocin)とは・・・



下垂体から分泌される生体ホルモンで子宮を収縮させるなど、
産婦人科領域の医薬品として長年にわたり使用されてきました。

しかし・・・まだ日本国内のOxytocin(オキシトシン)ASDへの投与は
治験段階です。

新日本科学㈱が2011年2月に米国Pastorus社と
ライセンス契約し、Oxytocin経鼻スプレー薬を
国内生産出来るの体制も2年前からある。

現実にはASDの子供のために、
Oxytocin 経鼻用スプレー薬を個人輸入して使用している例もあるようです。

このOxytocin経鼻剤ADS患者さんとその家族のためにも、
少しでも早く福音となりますように!!










 
[PR]

by shirai55clinic | 2013-12-20 17:11 | 医学