海辺の白井医院は今日も・・・・・

”東京オリンピック2020” の制服にも「パクリ?!疑惑」が・・・・


舛添要一・東京都知事(中央右)五輪金メダリストの岩崎恭子さん(中央左)
と記念写真に収まるボランティアたち(6月19日、東京都新宿区、竹花徹朗撮影)

e0294687_10274979.jpg

東京五輪に向けて、外国人観光客を案内するために
生まれたボランティアチーム「おもてなし東京」。
期待の若手デザイナーを起用した制服が・・・・
東京オリンピック2020の「エンブレムのパクリ疑惑?」
続いて、「パクリ疑惑?!」 に曝されている。

e0294687_10354891.png

e0294687_10372173.jpg
e0294687_1038351.jpg


3枚の写真は全て、FC2ブログ(←リンク から転載させていただきました。→拡散ネ!

「東京の誇りを担い、魅力を世界に発信してほしい」。
6月19日に都庁であったボランティアたちの
出発式で、舛添要一知事は約40人を笑顔で送り出した。
知事が昨年韓国ソウルを訪れた際、
赤い制服のボランティアが外国人の道案内を
しているのを見たのがきっかけだった。

e0294687_113454.jpg


どうやら、確信犯?みたいで、韓国がこのデザインを推薦した
疑いすら感じられるので・・・・

今のところ、韓国側から この制服の 「パクリ疑惑」や「クレーム」は
出てきてないようですが・・・

判りませんよ~!!!

へたをすれば、東京オリンピック2020 が成功して終わったあたりから

「韓国の伝統を侮辱した~!!」 「総理大臣も日王(日本の天皇陛下のことを
このように下げて呼ぶようです) も韓国民に 謝罪して、賠償しろ~~!!」

なんて言い出しかねませんから、

今のうちに、デザインを変更した方がよろしいんでは
ないでしょうか???

[PR]

by Shirai55clinic | 2015-08-01 11:17 | 社会・風土
<< 「日本の分割統治計画」= 「ヤ... ”お里が知れる!!” >>