海辺の白井医院は今日も・・・・・

”地方自治体の長が触るわけがない” だって?!・・・尖閣諸島は沖縄県でしたよね??

先月、平成27年4月11日に
沖縄県の翁長雄志知事は那覇発の民間機で北京空港に到着した。
15日までの滞在期間中、中国要人との会談やビジネス界との交流
など・・・
翁長氏は北京空港で取材に対して、
e0294687_11581464.jpg


尖閣諸島や米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について

「一地方自治体の長が触るわけがない」と述べ、

今期あの中国側との会談などで言及しない考えを示した。
-----???

この知事さん・・・今月中に訪米してアメリカ政府には「クレームを
入れる!」って、いきまいてますよね~!?
e0294687_11591346.jpg


中国要人にはなんで何も言えないの???
e0294687_1251674.jpg

でも、安部晋三日本国内閣総理大臣には、
これ以上無理~!!というぐらい、
偉そうな態度をとってました。 なんか"哀れ"ささえも感じられます・・・

e0294687_12102495.jpg

失礼ながら、沖縄の人々て、こんな知事を本当に選んだの???
いくらなんでも????って思いますけど・・・


そこには・・・深い、深い、恐ろしく暗~い闇があるようです。

 『週刊文春』(4月23日号)の総力特集第1弾
e0294687_16172041.jpg

新聞・テレビが目を背ける沖縄のタブー」 

翁長氏当選の2日後、那覇市長時代から親密だという
「中国国際友好連絡会」の一行が沖縄を訪れた。
〈「翁長知事在任中に琉球独立の流れを作ることが必要だ。
e0294687_17154744.jpg

中国共産党幹部の中には、翁長知事を“沖縄の馬英九”
と呼ぶ者もおり、期待は大きい。日本政府に対する沖縄の
経済的依存度を下げ、中国の影響力を強めることが有効だ」〉
e0294687_17201248.jpg



なんだか、唐突無形の話みたいですが・・・

中国国内の"中国政府”が煽っている"反日デモ"
にも、沖縄が「日本から独立」することを支援するプラカードが見受けられるので・・・
e0294687_181009.jpg

それにしても、なんで新聞・テレビが目を背けるんでしょう??

そんな大きな「闇の力」があるなら、

沖縄県民をその「闇の力」で恫喝して

この知事を当選させることが出来たんでしょうか??

そうだとすれば、恐ろし~~!!!!!
[PR]

by Shirai55clinic | 2015-05-01 18:14 | 政治・経済
<< 国民に"謝れ!&qu... ”花粉症緩和米” ・・・なんで... >>