海辺の白井医院は今日も・・・・・

そりゃぁ~ 「JR東海」の言ってることが正論ですよ!

中日新聞:2014年5月6日 08時57分 の記事より・・・


e0294687_10475731.jpg日本を訪れるアジア圏の旅行者が増える中、
JR東日本や私鉄では、鉄道の駅名や乗り場などの
案内表示を中国語や韓国語で示す取り組が広がる。

しかし、日本の大動脈の東海道新幹線を運行する
JR東海は英語表示のみ

国土交通省は2009年、英語以外での表示の必要性を指摘したが、
JR東海は「(複数の外国語を使うと表示の)文字が小さくなる」と説明し、
駅での案内表示のあり方に一石を投じている。



e0294687_11325051.jpg

写真の上の段は JR名古屋駅(もちろんJR東海管轄)の表示





写真下の段は 隣接する私鉄名古屋鉄道(名鉄)名古屋駅の表示


英語と日本語だけだって文字見にくくなるのに、

さらに多言語表示など・・・無理がありすぎ!!




JR東日本や首都圏の私鉄各線の表示は更に"すごい"ことになっている・・・
e0294687_1201651.jpg


駅などでの外国語サービスのあり方について、
国交省は06年、「『おもてなし』の観点から
英語以外の外国語でも情報提供を行うことがさらに望ましい」
とのガイドラインを示した。

JR東海に対する09年の業務監査でも
「他社の駅施設では中国語や韓国語などの表記があるが、JR東海はない」と指摘。

「来訪外国人の約7割がアジア圏からで、外国人を意識した表記について検討が必要」
とした・・・
・・・ということだそうです。


e0294687_12134830.jpgJR東海は「国際的共通語の英語をできるだけ大きな字
 で記すのが基本」と主張。


多言語表示は「限られたスペースの中で文字が小さくなり、
 見づらくなるおそれがある」と答える。


JR東海の主張はとっても客観的でもっともだと思います。





普段は "政府の批判" の記事ばかり
熱心に書いている "中日新聞" のくせに
この件に関しては「国交省」のガイドライン
ことさら強調されているようですね・・・・

そういへば、現在の「国交省」の大臣は、
近隣諸国が大好きな政党の方でしたね。

先が思いやられます・・・・
[PR]

by shirai55clinic | 2014-06-16 12:33 | 社会・風土
<< "What A Fo... "アリスおばさん&q... >>