海辺の白井医院は今日も・・・・・

"線維筋痛症" (せんい きんつうしょう) "Fibromyalgia" を理解する。  

"線維筋痛症"(せんいきんつうしょう) という病気があります。

日本語の医学誌は "難解" なので・・
理解しやすい米国の医学サイト"WebMD" (←リンク)を
簡潔に翻訳してみます。

A Visual Guide to Fibromyalgia .
(ファイブロ・マイアルジア="線維筋痛症"の図解)

e0294687_1543344.jpg米国では約500万人の患者さんがいる!(想像以上に多い)
ちなみに日本での患者数は1万人に満たないが、
これは専門家が少なく積極的に診断されてこなかった為で、
潜在的には200万人以上いると推定されている(日本線維筋痛症学会による)。
診断は症状および身体所見で判断する。
X線検査やCT,MRI,血液検査等では特徴的な異常は
見つけられない。関節や内臓臓器は病変を認めない。
とにかく頑固な肩こりや筋肉痛、そして異常なまでの
"倦怠感"が特徴的です。




e0294687_17213752.jpg診断の補助となる身体検査で注目されるのが、
"圧痛点"の存在。
健常人では圧しても痛みのない"ツボ"が
線維筋痛症の患者さんは"痛み"を感じる!
この"ツボ"は左図の如く、18箇所ある。
女性の罹患は男性の10倍です。
年齢は25歳から60歳までは発症リスクが高い。
倦怠感と筋肉痛がひどくても、病院の検査で
異常が表れないので、"詐病" と勘繰られる
患者さんも多いようですです。



e0294687_17592155.jpg病因は不明です。
しかし、その名の通り、筋肉とその知覚を司る
脳の感覚野を繋ぐ"神経線維"の異常であることは
間違いないです。










e0294687_18165335.jpg 慢性的に続く"筋肉痛"と"倦怠感" は時に仕事ができなくなるほど。
 しかし仕事を休んでベッドで安静にしていても 
 さらに悪化することもある。家事すら出来ない場合も・・・。

 患者さんは、"睡眠障害"とか"うつ状態"といった問題も抱えている 
 方々が多いようです。






e0294687_18272761.jpg治療の目標は主症状の

"倦怠感" "筋肉痛" "入眠障害" "うつ状態" を  
軽減して日常生活を維持することです。

推奨薬剤
Cymbalta (duloxetine)・・・ サインバルタカプセル(抗うつ薬)
Lyrica (pregabalin)・・・    リリカカプセル(神経障害性疼痛) 
Savella (milnacipran)・・・   トレドミン錠(抗うつ薬、糖尿病性神経症)





e0294687_18573689.jpgWalking, stretching, and water aerobics are
good forms of exercise to start with
for people with fibromyalgia.













e0294687_1922347.jpgSome experts say diet may play a role in fibromyalgia
ある種の食物は "線維筋痛症" の一因の可能性がある。
(個人差が大きいので要注意!)

To find out what works for you,
try eliminating foods one at a time
and recording whether your symptoms improve.

症状が増悪する食べ物を日々記録して見つけ出す
ことが大切です。




Does Fibromyalgia Get Better?
Many people with fibromyalgia find that their symptoms and
quality of life improve substantially as they identify
the most effective treatments and make lifestyle changes.

主治医と相談しながら、適切な薬剤や治療法を見つけ、
食事や生活習慣を整えれば "線維筋痛症" の苦痛は軽減できる!!

専門医のいる病院はどこ??・・・

日本では主に、膠原病・関節リウマチの専門内科医
この "Fibromyalgia"="線維筋痛症" を診てきましたが

専門家の数が少なく遠方まで通院するのは大変です

専門家への受診は、年に1~2回程度に減らせるよう、
一般の内科医が十分な知識を習得して
この疾患の診療が出来るようになること
が重要だと考えています。





















 
[PR]

by shirai55clinic | 2014-05-21 19:53 | 医学
<< "韓国への修学旅行は... "日本ユニセフ協会&... >>