海辺の白井医院は今日も・・・・・

" Identity Capital” (自分らしさへの投資)

おなじみのNHK Eテレからのネタですが・・・e0294687_12151192.jpg
e0294687_10554723.jpg

Eテレの番組 "Superpresentation" 
さっそうと登場したClinical Pscychologist(臨床心理学者)
Dr. Meg. Jay(メグ・ジェイ)
のプレゼン内容がなかなか・・・

個人的には成功者のプレゼンなんて、
なんだか"自慢話"にしか聞こえないので
興味なかったんですが・・・ 美型の先生だったんで観てしまった。

e0294687_12205548.jpg

写真は彼女の著書 "The Defining Decade" (人生を決める10年間)
Dr. Meg. Jay 20代の若者の心理療法の専門家。
豊富な臨床経験から人生において20代が最も大切な10年間と力説します。

そしてこの "Key Ward" が語られます・・・・

"Identity Capital" : An investment in who you are (自分らしさへの投資)e0294687_1624275.jpg

As twenty-somethings we fall into what
professionals like to call
the “present bias".” Basically, we discount the future.

                 ⇊
20代は”井の中の蛙”であるが故に自分の将来を"安売り" してしまいがち!

YOLO and “have fun while you can”
are phrases often uttered by our peers   
but these phrases encourage risk-taking behaviors
and don’t actually make us happier in the long run.

                 ⇊
YOLO(You Only Live Once) とか"めいっぱい楽しもうぜ!!"
などという仲間たちの"たわごと" は逆にあんたの人生を危うくして、
長い人生においては"不幸をもたらす"!


表現力があると思うけど・・・内容はありきたりじゃない!?
50代のわたしが聴けば"なるほど"と思いますが・・・20代の私だったら
「何言ってやがる!?」 と間違いなく思いますね!!!

ただ・・Dr. Meg. Jay 彼女の自分自身の
人生のとらえ方は際立ってました。

"自分は心理療法士になるという目標は20代で持っていたけれど、
20代で偶然た引き受けた森林警備のアルバイトに熱中してしまい、
5年間もそのバイトに明け暮れ、大学での勉強が遅れてしまった。
ただ思い返せば、現在の心理療法士になるのに必要なことを
その5年のバイト生活を通して得たものだ!"

彼女は自分自身を "Lucky enough" = 幸運だっただけ! と認めています!!

そして、幸運をもたらすには、20代のうちに
とにかくいろんな人々とふれあい、偏見を持たずに
深くても、浅くて、真面目につき合ってみる・・

それが "幸運をもたらす" のかも・・・・
[PR]

by shirai55clinic | 2013-10-25 18:45 | 医学
<< 愛工大名電高校野球部・・・AK... "カゼの咳"... >>