海辺の白井医院は今日も・・・・・

給食費未払いでトラブル!?・・・フランスの小学校での話です。

MSN産経ニュースより・・・・「給食費未納で5歳児排除 仏で反発広がる」
2013.1.11 22:41
 

"フランス南西部バスク地方で給食費未納の5歳の幼稚園女児が警官に給食室から連れ出される事態が起きた。ペイヨン国民教育相が10日、「破廉恥な行為。強く抗議する」とコメントするなど反発が広がっている。

 バスク地方ウスタリツ村の小学校、幼稚園併設の公立学校で8日に起きた。村当局の要請を受けた警官が女児のレアちゃんを警察署に連れて行き、署内で食事を与えた後、学校に送り返した。村長は「給食の時間に迎えに来るよう伝えていた母親が来なかったので(警察に)保護を頼んだ」と説明。一方、校長は「あまりに無責任なやり方。児童や園児はショックを受けた」と批判した。

 女児の父親は10日夜、メディアの取材に「レアはとても怖かったようだが、今は元気にしている」と話した。村長によると、170ユーロ(約2万円)の給食費が未納で、両親に1年以上督促をしているが、失業中であることを理由に納めていないという。"(共同)


関連ニュース【日本人が知らない日本e0294687_1030777.jpg
*日本の学校給食は「模範」 ドイツで高い評価                          

                         (右の写真は記事とは関係ありません)→



偶然みつけた海外ニュースを転載しました。日本でも、給食費を払わない親のニュースが話題になったりしてます。大、大多数の普通に給食費を払っている親からすれば、とっても不愉快な事案ですよね!

この記事によれば、日本では文部大臣にあたるフランスの国民教育大臣がこの村当局と警察の対応を強く非難したとなってますが・・・非難されるようなことでしょうかe0294687_11154926.jpg

これ以外に考えられる対処法を考えてみました。
①払えない生徒の給食費を他の親が少しずつ立て替える
②公的な予算から給食費を支払ってやる。(この生徒と親にだけ!)
③給食費が払えないなら弁当を持参させて、給食は食べさせない!
④弁当の持参が出来なかったら、何も食べずに我慢させる。
⑤給食を食べさせないなら、学校側は管理責任が果たせないないので、
 その間は親が学校に来て保護義務を果たす。
⑥保護責任者(親)がその責任が果たせない時、その生徒を保護するのは、
 警察の仕事となります・・・つまり今回のような小学校、村当局、警察の連携による保護。     
                      

どう考えても小学生に③、④、⑤は現実的には出来ませんよね!そうしてみると今回のニュースになった⑥というのは、妥当な対応とも考えられるんですが・・・・・

給食費を払わない親は、たとえどんな言い訳、理屈があるにしろ、子供を虐待していると同じです。

個人的には・・・この給食費未払い問題の解決法として、給食費を公費(税金)で賄って、給食費をダータ!(無料)にしちゃえば問題解決!と考えてましたが・・・

そうなったら、今まで給食費を払ってこなかった虐待両親が、ますます増長して自分たちが正しかったなどと嘯くことでしょう!マスコミも無責任にそれを煽ったりすることでしょう!
それを考えると、いや待て!!給食費を無料にする前に、なんとかこの虐待両親懲らしめるのが先だと思うわけです。

給食費払わない親ってのは、学校にとっても、教職員にとっても、社会全体にとって敵です。教育委員会だろうが、日教組だろうが、文部省だろうが、警察だろうが 、団結、協調してこの虐待両親退治する知恵を絞れないものでしょうかね~?? 
[PR]

by shirai55clinic | 2013-03-19 12:05 | 社会・風土
<< 「勇気100%」 そして &#... インスリン抵抗性と高脂肪食。 >>