海辺の白井医院は今日も・・・・・

安楽死 あるいは 尊厳死・・・・・・・

e0294687_17344777.jpg



「終の信託(ついのしんたく)」という東宝映画が公開されました。

周防正行監督作品。主演は役所広司と草刈民代。

まだ観てないんだけど、映画批評を書くわけじゃないんで、この映画のテーマである医師が施

した消極的安楽死?が殺人罪に問われるのか?否か?ってことについて・・これは医師として

の所感を語っておきたい・・・(いつもよりシリアス調ですね!)



e0294687_18245199.jpg
 

映画「終の信託」東宝㈱ホームページより転載→


映画はいくつかの実話をもとにフィクションとして構成されているらしい。

いわゆる医師による安楽死の罪を問う・・・・

安楽死尊厳死。どこが違うの・・・・・

英語の表現だけ覚えとこう!そうすれば世界中の人と意見交換ができる。

安楽死は Euthanasia. 尊厳死は Death with Dignity.
 

e0294687_18465450.jpg

詳細な解説を希望されるなら・・・・・Wikipedia の安楽死、尊厳死の項を参照ください。判りやすいです。

自分の意見ははっきりありません。あくまでも所感ですが・・・・

脳死と判定されて、臓器を提供するのは もっとも判りやすい 尊厳死かも?

じゃあ脳死と判定されて臓器提供を断ったら・・・安楽死か?


日本人の心情的あるいは宗教的な精神風土を鑑みて、脳死から臓器を提供すること、安楽死、尊厳死、この3つはいっぺんに整合しなきゃならないんじゃないかな・・・ムムム!
[PR]

by shirai55clinic | 2012-11-12 18:56
<< 奇跡の「足こぎ車いす」 そして... 予防接種のこと・・・・・さくっ... >>